個性に価値を付ける注文住宅

採用情報
注文住宅

満足度が違うワンランク上の注文住宅

手間と時間をかける手づくり注文住宅です。

美しさ、快適さ、心地よさが持続する高い満足度を実現します。

多くの場合、耐震性、省エネ性などの性能面と、使いやすさ、収納量などの機能面を主体とした家づくりで、注文住宅が造られます。
その結果、手にしたのは満足の続かない家という現実があります。では高い満足度を得ている注文住宅とは、どんな違いがあるのでしょうか?

その理由とは・・・。

バランスの取れた家

住宅には3つの要素があります。それは性能・機能(間取り)・デザイン(外観、室内)です。

現在、日本の住宅で一番重視されているのは、3要素の中で性能です。2番目が機能です。そして3番目がデザインです。デザインが3番目となりますが、家づくりのほとんどは、お金も時間も性能、機能に費やされ、デザインが重視されることはまずありません。

では海外の住宅はどうでしょうか。実は日本の真逆で、一番はデザインです。
そして2番目が機能、3番目が性能です。海外の考えは、機能、性能は住宅に必要な水準に満たされていることは当たり前で、その前提のもとに見た目であるデザインが一番重要とされています。その理由は、デザインが良くなければ、どれだけ性能、機能が優れていても、時間の経過と共に住宅としての価値が下がってしまい、自分の財産が失われるという考えがあるからです。

日本の住宅 性能   ― 機能 ― デザイン
海外の住宅 デザイン ― 機能 ― 性能

考えて見ますと、その時最新だった性能は、10年も経過すれば最新ではなくなります。機能も家庭環境が変化すれば、最良として考えた機能も使いにくいものになってしまうかもしれません。現実に日本の住宅の寿命は、わずか30年ほどです。海外の住宅の寿命は、50年以上です。

一生の買い物であるマイホームの寿命、30年と50年、どちらを選ぶべきでしょう。

日本の住宅と、海外の住宅の差は、住宅づくりに対する考え方の違いです。

分譲住宅よりもお金を支払ってでも手に入れたい注文住宅は、そのリスクに見合う価値がなければ、満足することは出来ません。

高い満足度を得ている注文住宅を手に入れる方法の一つは、まずは性能、機能、デザインにおいて偏りのないバランスの取れた住宅づくりをすることです。

建築士のセンスと能力

満足度の高い注文住宅を実現するのに不可欠なのは、何と言っても優れた設計です。その優れた設計に必要なのは、建築士のセンスと能力です。

住宅を造り上げるには、設計、現場監理、技術が必要です。どれも欠かすことの出来ない重要な役割ではありますが、まずは設計がしっかりしていることが求められます。その理由は、有能な現場監督と腕の良い技術を持った職人が揃っていたとしても、与えられた設計通りに住宅を造ることが本来の仕事ですので、設計以上の住宅に出来上がることはないからです。

また、建材や設備は費用をかければ、どこの住宅会社も調達することが出来ますが、優れた設計については費用をかければ手に入るというものではありません。

センスと能力を持った建築士に設計をしてもらうこと以外にありません。絵が上手くない人に、どれだけお願いしても飾りたくなる絵にはならないのと同じようなことです。もちろん、現場監理も技術も重要なのは当然です。設計がどれだけ良くても、現場監理がおろそかであったり、腕の良くない職人では質の問題となってしまいます。

しかし、建築の基となる設計の出来は、全てを左右することにつながります。センスと能力を持った建築士にマイホームの設計を依頼出来るかどうかが高い満足度の注文住宅を手に入れる鍵と言えます。

センスと能力を持った建築士とは・・・

室内と外部の見え方、使い方を同時に構想し、施主が見た瞬間、ワクワク感動する図面を提案出来ること。また、普遍的なデザインについて学んでいることも、建築士として重要な要素と言えます。その理由は、日本で建築を学ぶ場合は、工学の分野を学ぶことになり、デザインを学ぶことは、ほとんどないからです。一生の買い物にもかかわらず、わずかな年数で色あせてしまう流行のデザインで造られた住宅では、耐用年数の前に取り壊されることになってしまいます。

満足度の高い注文住宅は、ドラマーが左右の手と足を同時に操り演奏するのと同じように、室内、外部を同時に考えながら設計を仕上げます。

高い満足度を得ている注文住宅とは・・・

建材や設備ではなく、美しさ、快適さ、心地よさ

弊社でマイホームを建てたお客様に入居後の住み心地を尋ねると、とても高い満足度を得ていることが分ります。では、どんなことが高い満足度を実現しているのか。

それは、暮らしの中で感じる快適さ、楽しさ、心地よさ、そして幸せ感です。

つまり、日々の暮らしを通した体験から感じられることが高い満足につながっているのです。建材の材質、設備の性能などの物質的なものから来る満足もあるでしょうが、その部分が強調されることは、ほとんどありません。もし、建材や設備ばかりの満足だったとしたら、きっとその満足が続くことは困難でしょう。

そして、感じることによる満足は性能で選ばれた設備と違い、時間を経過しても持続し、愛着となって行きます。

美しさ、快適さ、心地よさなどの精神的な満足と愛着を得られる家に住んでいる人は、自分の家よりお金をかけられた家、大きな家を見たとしても「自分の家が一番」という思いを持っています。

「自分の家が一番」という思いが、高い満足度の注文住宅を証明しています。

注文住宅を造る上で、「どう感じるか」に焦点を合わせることは、とても重要と言えるでしょう。

LINK

明治村
安建クラブ結成
ドライウォール工法

Instagram



ページトップへ