『消費税増税に伴う・駆け込みで後悔しない家づくりの為の重要なこと』

カテゴリー : 未分類

この時期、消費税増税に焦られている方も居るかと思います。大手住宅メーカーがひしめく住宅展示場にでは『今なら間に合いますので今すぐ図面をお描きします』とユーザーを促します。そして手早く描かれ図面だとしても、ユーザーは夢膨らみ、実現への一歩を踏み出し始めます。

図面に続き、見積もりも短時間で提示されると同時に『今月中の契約に限り、○百万の特別値引きを致します』と値引きの有効期限を迫られます。

値引きの期限を切られたユーザーの多くは、正しい判断が出来ない思考停止状態となります。(当然のことですが、営業マンは心理学も周知しています)

本当は焦る必要は全くありません。ご安心下さい。来月になっても値引きは無くなりません。それどころか、更に値引きは大きくなることでしょう。元大手メーカーの営業マンの方曰く他の某著名なメーカーと競合した際、4000万の契約金額で950万の値引きがあったそうです。(700万程度の値引きは全く珍しくないそうです)

又、超特化の値引きでユーザーの方もさぞかし得したと思われることだと思いでしょうが本当にそうでしょうか。

会社が赤字ギリギリとなってまで受注することはありません。仮に上記の様な極端な値引き要求に応えられる会社は、初回に出す見積の価格設定が高く設定されているに過ぎません。

又、家は車の様に全てを工場生産する訳では無く、今尚、多くの部分が職人さんの手によって造られていきます。住宅会社の運営に支障のある値引きを要求された場合、そのシワ寄せは必ず下請け業者の方に及びます。勿論、職人さんの士気に大きく影響することでしょう。逆の立場で考えたらご理解頂けると思います。

住まう人が幸せに人生を送る為の家に造り手の負の想いが篭ってしまうことは、本来の目的を見失い、実に残念な結果だと言えます。
上記の様なことが普通にある為、もはや住宅業はユーザーからの信頼は失墜していると感じます。私は、今一度住宅関係者の全ての人々が、自分自身本来の
人としてプロとしての人道と誇りを持って仕事をして欲しいと思います。特に大手住宅メーカーは最も大きな影響力を持っておりますので、大手らしく先ずは先人を切って日本の住宅業界を正しい方向に導いて頂きたく思います。

今一度、ユーザー様がご自身の防衛策とし、4つの重要なことをお伝えします。

①   『急がない。急がされない』
②   『無料だからと安易に了承しない』、自ら心理操作されやすい状況になります(食品スーパーの無料試食も返報性の法則という心理操作に当たります)
③   『モデルハウスだけで無く、等身大で実際に施工されたお客様の家を見学する』
④   『実際に建てられた多くのユーザーに直接(営業マン抜き)で話を聞く』
よい事も悪いことも含めて、ネットの情報が全て正しいとは限りません。

論より証拠、実際に建てられたお客様に直接聞くことをお勧めします。とは言うものの『増税に間に合わなくなってしまうのでは?』というご心配はあると思いますが、仮にトータル3000万の2%は60万円。もし、60万の差額で満足度が生涯に渡って持続したとしたら・・・私の知る限り満足度が持続されている方の全ての共通点は、家づくりは急がず、本当に正しい情報を自ら求め続け、特に数値いで測れない『心地好さ(心理的な)や暮らす家族の想い』を家づくりに込めた方でした。

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

2015 年 12 月 22 日

次のページ »

©安城建築 all rights reserved.