素敵なインテリアをデザインします

採用情報
職人・技術

インテリアコーディネート

インテリアコーディネーターの仕事とは…

インテリアコーディネーターというと素敵なイメージですが、本当はどんな内容の職業
でしょうか。

まだまだ認知が少ないインテリアコーディネーターに、大切な新居を任せるには、ご心配も
当然です。

どんなサービスを提供してもらえるか?少しでも安心しお任せ頂けたら幸いです。


インテリアコーディネーターの関わる仕事の範囲は大変多岐にわたります。いざ、注文住宅を建てることになった時、ご家族で仕様決めして最初は夢いっぱいで楽しかったのに、途中であまりにも沢山のことを決めなくてはならず大抵の方が驚かれ、完成まで毎日思い悩みめぐらすこともしばしばです。その結果、トータルイメージが途中で分からなくなったり疲れてしまうこともあるかもしれません。

私もこの職業についてその範囲・分野の広さに驚きました。しかしだからこそ、プロとして深くお客様と関わり、遣り甲斐もある仕事です。何よりお互いコミニュケーションをとることが大切です。可能な方は積極的に担当コーディネーターに 生活で大切にしていることや困っていることを話してみてはいかがでしょうか。我々コーディネーターは、私達が係わることにより現状より豊かな生活提案をすることが重要な仕事での役割だからです。信頼感がお互いにあれば、共通の目標に向い客観的なアドヴァイスを気軽に聞けたり、時には想像以上の提案をもらったり 驚きや生活知識などお客様にとって参考になることも沢山あるかと思います。

インテリアを構成する要素はざっと思いついただけでもウインドウトリートメント・設計設備・インテリアデザイン・ライティングプラン・ファニチャー・デコレーションなどなど全てをまとめていく力が、コーディネーターには必要となります。これらを自分自身で想像するのは大変なことですね。コーディネーターはバランスよく 分かりやすくまとめていってくれるはずです。

インテリアの打合せでは、このように決定するアイテムが多いのですが、これらの仕様を決めていく順序も大事なんですよ。実は、このポイントで打合せが随分楽しくなります。そんなコツを把握しているコーディネーターに任せれば何度もある打合せもスムーズで楽しいものです。頭で想像していたことが、図面やプレゼンになって用意されていくわけです。いかがですか?想像するだけでもワクワクしませんか?


特にコーディネーター力が必要に思うのは、お客様に提案・説明するコンセプト部分のプレゼン・デザイン力,信頼関係を築くコミニュケーション能力、 実現する為の現場への伝達能力です。従ってデザインだけよければいいのではなく、トータルなバランス能力も求められる仕事だと思います。お客様のご要望だけを伺うのでは決して最後ご満足には繋がらないケースも多くインテリアコーディネーターに本当に重要なのは、ヒアリングを通して、そのご家族にあった一番ベストなものをプロとして提案し、納得して頂ける説明が出来、造り手に伝える事が出来るかです。

 そんな経験豊かであり、全体を見通せ、理想以上のインテリアにしてくれるのが、コーディネーターの仕事です。人間的にも、勿論センスも間違いない。と感じられるインテリアコーディネーターに出会えれば着工中の数々の不安点も解消でき、提案が楽しみで、打合せも楽しく、家の完成が待ち遠しくなり、何より住まれてから高い満足が得られると思います。

お客様から私達が一番聞きだしたいのは、本当はその方、そのご家族の趣向性であったり、大切にしているポリシーであったり、大事にしている宝物であったりとそんな生活マインドなのです。ぜひ、インテリアコーディネーターをお役立て頂き、素敵な住宅になさって下さい。素晴らしいご新居が完成することを願っております。


インテリアコーディネートの流れ

ここでしっかりお客様のご要望や生活スタイルをおうかがいします。

では実際どんなインテリアがお客様に合うか。プロとしてご提案を致します。
(イメージが具体化しご賛同頂いた件に関し、費用もご提示します。)

まとめたプレゼンがここからは、重要な資料です。


インテリアコーディネートの本当の魅力について

皆さんにはきっと、好きなカフェやサロンそして、よく訪れる気に入った旅先がありませんか?その理由を普段深く考えたりしませんが、何故かその場所は心地よくリラックスできるところではありませんでしょうか。

インテリアコーディネートの魅力とはそんな気持ちよい空間を実現できることだと考えています。海へドライヴする時、聞きたくなる音楽があったり、流したいBGMがあったり、何気なく日常に行っているおしゃれやお気に入りをぜひ生活のなかでも潤いとしてご自身のインテリアで実現されてはいかがでしょうか。今以上に心地よく豊かな気持ちになって生活する為にインテリアコーディネートはとても重要です。

多くの方々がインテリアを壁の色・床の色を決めることが大変重要だと考えていらっしゃいます。残念なことに、ここ日本では多くの住宅メーカーはそのようなインテリア打合せを中心に行っております。しかし、インテリアコーディネートとは、もう少し楽しいものです。もしも、何も想像できないところから、壁の色は何色に致しましょうか?ともし質問されたら、きっと戸惑われると思います。単体ではなく最終的に仕上たいイメージが一番大切なのです。

憧れの空間イメージが先にあって、そのイメージを大切にアイテムをセレクトする。という方法がもっと分かりやすく安心ではありませんか?…


さて、誰もがイメージできる素敵な空間でご一緒に考えるとすれば、素敵なホテルのインテリアはその一例です。仮にスウィートルームではないとしても、統一感がありリラックスできる空間が多くお洒落に感じます。実はここに、コーディネートの魅力のヒントが凝縮しているのです。

ホテルの部屋の扉を開けるとそこには、駆け寄りたくなる様な優しい色で覆われたベッドがあります。このベッドを覆うスプレッドは部屋の印象を決めるほどカーテンと同じように大きいものなのです。ご自宅であれば、一日の疲れが癒すようなカラーがお勧めです。例えば淡い色であるとか、季節感のあるものなど。そして、ベッドサイドには柔らかいスタンドからの光が漏れ窓辺にもフロアースタンドがきっとあるはずです。スタンドからの光は柔らかく夕日を思わせます。スタンドの明かりは、リラックス効果には欠かせないアイテムです。これは、寝室やリビングへ活用でき、大変空間のイメージ造り・演出が簡単に可能です。天井照明だけでなく上手く少し低めの明かりで優しい光を リビングやベッドルームにはとりいれましょう。


続いて海外のリゾートなら窓からの景色と部屋のピクチャーは同じイメージのものが掛けられている事もあるでしょう。それによって外部とインテリアを自然に繋ぐことも可能です。もし、あなたの家の外が素敵なガーデンであれば、ガーデンイメージを大切にしたピクチャーがお似合いです。更にインテリアを上手くまとめるには、ピクチャーの中の色彩を、同じように参考にし、壁の色や小物にピクチャーの色使いを柔らかい色にして使われていたり、カーテンやインパクトを与えるベッドリネンやクッションにも上手く使われているはずです。まさしくこれが、インテリアコーディネートの魅力に繋がるわけです。


更に、ちょっとしたインテリアのワンランクアップポイントは…

小物を質感のあるものを置かれると品良く高級感が漂います。ピクチャーのフレームやソファーに置かれるクッション・小物などホテルで言えば水周りのアメニティーやタオルなど、これらを上質で質感のあるものを加えると豊かな満足を与えられるはずですよ。

これで、インテリアの本当の魅力が単に壁や床やドアの色だけでなくもっと本来は身近でデコレートされる部分がポイントであるということがお分かりいただけたでしょうか。

きっとそれは、皆さんが普段大切になさっている音楽であったり、香りであることと共通のことの様に私には感じられます…


LINK

明治村
安建クラブ結成
ドライウォール工法

Instagram



ページトップへ