安城建築では作り手の顔が見える手づくり住宅をつくっています

採用情報
スタイル

現在建築中の物件のご紹介です。安城建築の注文住宅を造るためには、白紙の状態からプランを始め、設計図面としてまとめ上げるまでに平均で約5ヶ月の期間を要します。その期間、お施主様は夢のマイホームの実現のために精一杯の想いを込めて取り組みます。そして家の価値を大きく左右するデザイナーは、プランニングの前に直接お施主様に会い要望とその背景にある想いに耳を傾け、ベストの設計図を提案するための構想を練ります。

家の価値を考え場合、家づくりで最も重要なのは何と言っても設計です。優秀な現場監督に任せても、どれだけ腕の良い職人が携わったとしても、設計が良くなければ、それ以上になることはありません。マイホームを注文住宅として手に入れるためには、時間、労力、お金が伴います。その頑張りが実り、形として表れることが高い満足につながります。デザイン力、設計力の高さが、価値ある注文住宅を実現します。

建築中の物件のそれぞれの解説は、その家を設計したデザイナーによるものです。解説から完成した時の満足で終わらず、将来を見据えた持続する満足を目指していることが分ります。

建築中の物件

瀬戸市K様邸 (施工面積 57坪)

瀬戸市のKさま邸、家族全員で楽しめる音楽室のある家の計画地は丘の上の細い道路の突き当たりにありますが、そこは南向きの大地の端に当たります。そこからは、駅を見おろす向いの台地にあるご主人の会社の建物が見えるようです。お嬢さんたちが待つクイーンアンの家へ帰る時、我が家の明かりが見えるオフィスからサインを送ります。


四日市市M様邸 (施工面積 31坪)

十分な広さを持つ敷地には、贅沢な平屋が慎重なコスト検討をもとに計画されました。 ビルトインカーポートからの動線や、ウオークスルーのクローゼットから,水廻りへと使い易さが大切にされました。 正面妻飾りも完成が楽しみです。


知多郡I様邸 (施工面積 37坪)

住宅地の公園を前にする、北東の角地を購入された知多郡の I 様。
道路より少し高い敷地には、緩やかな階段を上がったところに位置する玄関のあるカバードポーチが、建物をとても大きく見せます。


豊田市A様邸 (施工面積 59坪)

奥さまのご実家のある住宅地の高台の角地に計画された、豊田市のAさま邸、半地下のようなビルトインカーポートから直接マッドルームを通過して玄関ホール、階段、2階リビングへと繋がります。リビングのコーナーにはコンパクトながら快適な、コージーコーナーもあります。室内の眺めも今から完成が楽しみです。


瀬戸市S様邸 (施工面積 39坪)

勾配天井吹き抜けのあるリビングには、ドーマ窓が設けられ外観をより大きく見せることに役立っています。 吹き抜けを見下ろす2階ホールは、シアタールームに利用することができます。


半田市H様邸 (施工面積 56坪)

今回は、二つの玄関上のペディメント屋根ポーチと三つのドーマのある家が、1階は、ベビちゃんの、2階は英語を楽しむ子供達の家として計画されました。 送り迎えのお母さんたち、通ってくる子供たちに、いつまでも覚えていてもらいたい家となることをお施主さんは望まれています。


尾張旭市H様邸 (施工面積 35坪)

幼いながらも弟想いのお姉ちゃんは小学3年生です。設計打ち合わせで、お母さんが席を外している時に、長い髪を留めているクリップの髪飾りを褒めると「お母さんからのお誕生日のプレゼント」と教えてくれました。出来上がった家も誇らしく思ってもらえるよう願います。


半田市A様邸 (施工面積 46坪)

半田市のAさま邸、勉強会、たくさんのオープンハウスに来ていただいたA さまは、敷地全体がなだらかに傾斜する奥行きのある土地を購入されました。 敷地の傾斜をそのままに、建物の1階はスキップフロアーになっています。 高い天井と、吹き抜け勾配天井のリビングスペース、庭へ続くリビングポーチはこの家の見せどころです。


豊川市N様邸 (施工面積 38坪)

ご主人の実家とは庭続きなほど近くに、新たに区画された南西の角地にNさま邸は計画されました。同じく、すぐ近くの山の上にあるご主人が小さい頃遊んだはずの神社の境内からはその屋根が見えそうです。海が好きなNさまご夫妻のCoastal  Style の家、完成が楽しみです。



LINK

明治村
安建クラブ結成
ドライウォール工法

Instagram



ページトップへ