懐かしさを感じるレトロ西洋建築

採用情報
スタイル

Combination of Japanese and western-style housing 〜レトロ西洋館 スタイル〜

西尾市M様邸 [施工面積 46坪]


東海市Y様邸 [施工面積 39坪]



アンティークショップでは、世界の国でそれぞれの国の人が使い、それを受け継いだ人からさらに次の人へと渡り、何人目の所有者となる人を待っているかのように陳列されています。逆にまだまだ使うことが出来るにもかかわらず、その役目を終える前にゴミのように処分されているものがあります。同じ人の手によって作られたものなのに、どんな違いがあるのでしょう。

 

その理由は、古くても、人が使ったものでも、壊れかかったものでも、「これが欲しい」と人が魅力を感じるものが、人の心に訴えかける何かが存在するからではないでしょうか。

 

例えば、クラシックカーは、性能も、品質も50年前の車は、現在の車とは比較にならないレベルです。なおかつ、維持費もかかります。アンティーク家具と言えば、どこの誰かも分からない人が使った傷だらけの変色したものだったりします。新しいものがどんどん生まれて行く中で、どうして時代に比例しないものにお金を払って手に入れるのかは、「これが欲しい」という人の感情、価値観がそこにあるからと考えられます。レトロなもの、昔懐かしいものには、アンティークなものと共通する「古くてもこれが欲しい」という魅力があります。

 

レトロ西洋建築とは、昔を懐かしみ、心地良い印象を受ける西洋建築の普遍的なデザインで造られた建物です。


インテリア



LINK

明治村
安建クラブ結成
ドライウォール工法

Instagram



ページトップへ