アフターメンテナンスも安心な地元の工務店は安城建築

採用情報
アフターメンテナンス

社歴が信頼の証

安城建築と3世代に渡るお付き合い
矢田さんご家族と、安城建築創業者(102歳)、3代目社長、勤続50年以上の青山大工

「安城建築さんとは終戦間もない頃からのお付き合いでしょうか、もう60年以上になります。何かしようと思った時、何かあった時は、安建さんにすぐ飛んで行って相談して来ました。相談すると「こうした方が良い、ああした方が良い」と親身になって考えてくれますので、いつも頼りにしています。おじいさんが造ってくれたお店は、今でも続いています。本当に安建さんのおかげです。息子も娘も孫も、安建さんに家を建ててもらいました。」

弊社は昭和四年の創業から80年以上に渡って、地域の工務店として建設業を続けて来ています。80年を超える歴史の中で、多くのお客様からいただいたご縁があります。私たちが家をお造りした大きな責任の一つとして、入居後のアフターメンテナンスがあります。

住 宅選びを検討中のお客様から、保証内容に関する質問をいただきます。当然、保障期間が長ければ安心につながります。現在では、5年、10年を超え、20年 という保障期間を用意している住宅会社もあります。では、保障期間が長ければ、アフターメンテナンスに何も問題がないのか?この点を良く考えてみますと、 保証期間はあっても不具合が発生した場合に、必ず早い対応がされる保証はありません。住んでいる人の不安な気持ちを汲んで、親身な対応がされるのかも分り ません。また、10年を超える保障期間であれば、何らかの条件がついてくることも考えられます。そして20年の保障期間があっても、その保証をする住宅会 社が無くなってしまう可能性もあります。

保障期間の長さが、アフターメンテナンスの質に反映される訳ではありません。

住んでいる人にとって大切なことは・・・

家に何らかの不具合が発生し、「これは大丈夫なのか」と不安を感じて困っている時、電話一本で駆けつけ、少しでも早く問題を解決出来る様に親身になって対応し、その上で金銭的負担が少しでも抑えられるように考えてくれることではないでしょうか。

アフターメンテナンスにとって、いつでも安心して頼める信頼出来る会社とのつながりは、長期に渡りとても重要です。

会社の歴史の中から、アフターメンテナンスを含め、家づくりを通してご縁をいただいた多くのお客様からの信頼が証明されていると考えています。

アフターメンテナンスの実績

平成12年完成 本田様ご夫妻

「まず、造っている段階から自分の目で見て、しっかり出来ていることは分っているので、構造については何も心配していません。この14年で大きな不具合はありませんが、電話をすればすぐ来てくれて、顔を見れば昔懐かしい自分の家を手がけてくれた職人さんが請け負ってくれます。その時は会話も弾み、不具合が楽しさに変わります。そういう意味でも安心感があり、メンテナンスに対する不安は、何もありません。人と人との安心感の方が、保障期間よりも大きいです。」

平成9年完成 鈴木様ご夫妻

「早いもので我が家も築17年です。何かお願いがしたい時、電話をすればすぐ対応してくれます。とにかく早くやってもらえるので、安心です。また、私たちの立場に立ってメンテナンスを考えてくれるのは、とてもありがたいです。娘の家も安建さんで建てていますので、困ったことがあったときは、すぐ相談をしています」

平成13年完成 澤田様ご夫妻

「今までに修理が必要になったことは、あまりありませんが、煙突のタイルが剥がれた時は、電話をしたらすぐに来てくれて助かりました。気にかかることがあっても電話をすれば、家を建てた時から知っている人が相談にのってくれるので「何かあった時は安建に電話」という安心感があります。家を建てた後のお付き合いが続いていることが一番ではないでしょうか」

アフターメンテナンス


輸入思想住宅で可能な限りメンテナンス不要な工夫をしています

安城建築の輸入思想住宅は、いつまでも美しい外観デザイン&家族のコミュニケーションが図れるオープンな間取り等の設計思想を輸入しています。輸入建材については、装飾、内装建材等、後々のアフターメンテナンスの必要とならない建材は輸入し、メンテナンスが必要とされる部分に関しては国産を使用し、可能な限りメンテナンスフリーの輸入思想住宅をご提供しています。


第三者機関による安心の保証体制

■ 完成保証

住宅あんしん保証の「完成保証」に加入していただくことが出来ます。この「完成保証」は健全な経営状態にある優良な建築会社と認められた上で、登録された工務店・ビルダーだけが利用できるお施主さまへの安心と信頼のサービスです。登録については、過去3年間の決算報告書の提出(健全な経営状態であること)などの厳しい審査基準をパスすることが必要です。したがって、経営状態の良くない建築会社は登録されることが出来ません。「完成保証」の登録店として認められているかどうかを確認することも、建築会社選びの大きなポイントになると言えるでしょう。

※一般的に企業の財務内容を調べるには、手間と労力がかかります。そのため、第三者が建築会社を事前に審査して、誰にでもわかりやすい形にし、その責任まで負うのが「完成保証」です。

■ 地盤調査・保証

住宅に関するトラブルの7割近くが地盤に関係していると言われています。それを防ぐためには、まず地盤を調べる信頼出来る調査結果と補強工事が必要です。そして、第三者機関(住宅あんしん保証)が調査及びその結果に基づく補強工事(地盤保証連合会の指定業者による)が行われた場合、万が一の事態になっても保証されるシステムになっています。

■ 瑕疵保険

住宅の引渡し日より10年間、構造耐力上主要な部分、また雨水の浸入を防止する部分の瑕疵について、住宅供給業者が住宅瑕疵担保履行法に基づき瑕疵担保責任を負担することになっています。瑕疵保険は、瑕疵担保責任を負担する住宅供給業者が円滑に対応出来るようにするための保険です。

※住宅あんしん保証 国内の複数の大手建材メーカー等が出資して設立された保証機関で、三井住友海上火災保険等の保険会社がバックについている安心の第三者保証期間です。


LINK

明治村
安建クラブ結成
ドライウォール工法

Instagram



ページトップへ