ハーフティンバーの素敵な家はチューダースタイル

採用情報
スタイル

Tudor Style 〜チューダー スタイル〜

安城市O様邸 [施工面積 49坪]



チューダー様式は、19世紀末から20世紀初頭にかけて、米国で資産家たちが郊外に建設した豪邸を言います。チューダー様式と広く呼ばれるものの中には、柱、梁、窓台などが装飾としての役目を兼ねたハーフティンバー構造のデザインがチューダー様式と思われていることがありますが、ハーフティンバーデザインはチューダー様式の中の一つのデザインとなります。

 

米国の資産家たちによる豪邸となれば、本来一般人がチューダー様式の建物を手に入れることは困難になります。したがって、日本で言われているチューダー様式というのは、本来のチューダー様式ではなく、一般の人に普及しやすいハーフティンバーデザインのスタイルの住宅のことを指していると言えるでしょう。

 

特徴としては、急勾配の屋根とハーフティンバー、縦長の窓の組み合わせなどでデザインされています。ヨーロッパのドイツ、英国、フランスなどの旧市街に建っている古い建物に採用されているデザインで、ヨーロッパに滞在経験のある人にとっては、憧れの建物になっている魅力的なデザインです。


インテリア



LINK

明治村
安建クラブ結成
ドライウォール工法

Instagram



ページトップへ