天使が舞い降りてくる教会の様な素敵な家:クィーンアンスタイル

採用情報
スタイル

Queen Ann Style 〜クイーン・アン スタイル〜

蒲郡市I様邸 [施工面積 40坪]


武豊町S様邸 [施工面積 43坪]


長久手市K様邸 [施工面積 49坪]


岡崎市T様邸 [施工面積 86坪]


三重県員弁郡G様邸 [施工面積 40坪]


碧南市I様邸 [施工面積 68坪]


一宮市A様邸 [施工面積 46坪]


知多市H様邸 [施工面積 43坪]



米国の19世紀後半、最も人気のあったデザインがクィーンアン様式です。英国から入った比較的地味なクィーンアン様式は、米国において英国の基本を踏襲しながら、その意匠や装飾を強調することによって、より華やかさを増した建築様式となりました。

 

クィーンアン様式は、米国におけるビクトリアン様式の代表傑作という評価があります。屋根伏は教会の屋根のように十字を切り、そこには教会の鐘楼のような八角形の塔があります。そして建物周囲には、教会を連想させるリビングポーチがめぐらされているというデザインの特徴があります。

 

外観は華やかさで、軒下、ポーチポストのブラケット、妻部のゲーブル、窓周りの額縁などの装飾が多用されています。したがって、装飾の多さ、建物構造や屋根の複雑さから建築コストのかかる建築様式と言えます。

 

クィーンアン様式は塔があることから、子供の頃の「大人になったらお城のような家に住みたい」という憧れに最も近い建物を実現する様式でもあります。


インテリア



LINK

明治村
安建クラブ結成
ドライウォール工法

Instagram



ページトップへ