性能の良い家を建てるなら安城建築

採用情報
スタイル

Solar House Style 〜ソーラーハウス スタイル〜


輸入住宅の特徴として、外観デザインの美しさがあります。外観デザインはそのまま見た時の印象につながるため、建物のフォルム、屋根の形状、装飾による表情つくりは、デザインの重要な要素となります。

 

外観に影響する屋根形状は、日本の従来の住宅と比較した場合、急な勾配、複雑な構造が輸入住宅には目立ちます。したがって、輸入住宅に対するイメージから考えると、太陽光発電を屋根に設置することは困難、または設置が出来たとしてもデザインを壊すことにつながるという懸念が抱かれます。

 

この点については、設計段階で太陽光発電を設置する計画、または将来的に設置の可能性があることが分かっていれば、デザイン上の工夫で設置可能にすることが出来ます。

 

例えば、屋根の勾配は太陽光発電の発電効率に合わせて、緩い勾配が似合うクラフツマンスタイルのデザインにしたり、発電効率の高い南側の屋根を大きくするデザインを考えることで対応出来ます。

 

太陽光発電の設置を前提とした、美しい外観デザインを考えることで輸入住宅の魅力を維持することが出来るのです。


インテリア



LINK

明治村
安建クラブ結成
ドライウォール工法

Instagram



ページトップへ