人を魅了し続ける素敵な家はビクトリアンスタイル

採用情報
スタイル

Victorian Style 〜ビクトリアン スタイル〜

長久手市N様邸 [施工面積 49坪]


常滑市N様邸 [施工面積 35坪]


知立市H様邸 [施工面積 39坪]


豊田市S様邸 [施工面積 42坪]


岡崎市K様邸 [施工面積 41坪]


西尾市T様邸 [施工面積 43坪]


岡崎市S様邸 [施工面積 45坪]


一宮市U様邸 [施工面積 38坪]


岡崎市I様邸 [施工面積 44坪]


安城市S様邸 [施工面積 41坪]


幸田町N様邸 [施工面積 40坪]


安城市F様邸 [施工面積 39坪]


知立市K様邸 [施工面積 44坪]


岡崎市N様邸 [施工面積 43坪]


豊橋市U様邸 [施工面積 40坪]


一色町T様邸 [施工面積 35坪]


碧南市A様邸 [施工面積 39坪]


南区S様邸 [施工面積 38坪]


西尾市T様邸 [施工面積 40坪]


岡崎市U様邸 [施工面積 39坪]


西尾市K様邸 [施工面積 36坪]


大府市U様邸 [施工面積 39坪]


瀬戸市T様邸 [施工面積 38坪]


中村区M様邸 [施工面積 66坪]


大府市T様邸 [施工面積 35坪]



Victorianstick Style 〜ビクトリアンスティック スタイル〜

天白区K様邸 [施工面積 40坪]


豊田市U様邸 [施工面積 38坪]


緑区S様邸 [施工面積 36坪]


岡崎市Y様邸 [施工面積 39坪]



英国のビクトリア女王時代の建築様式です。産業革命以降、英国の繁栄時代にその栄華を世界に示すために発展した様式です。外観のデザインは特徴的で、勾配の急な屋根にブラケット、ゲーブル、額縁など多くの装飾や部材が使われ、他の建築様式にはない派手さが感じられます。

 

米国のサンフランシスコには多くのビクトリアン様式の建物が残されています。

その中の建物が、海外ドラマ「フルハウス」の舞台となったことで、「フルハウス」を見たことがある人であれば、「ビクトリアン様式=あの素敵な建物」と思い出すことが出来るでしょう。

 

欧米には多くの建築様式がありますが、このビクトリアン様式による建物は、今でも人気があり、築100年を経過した建物であっても高値で売買されるほどの価値を見出されています。

 

ビクトリアン様式は装飾を多用することから、それぞれの使い方が外観、すなわち見た目を左右することになり、デザイナーのデザイン力が必要となります。また、仕上げは細部まで造り込むことで建物としての完成度が高まるため、手間と時間がかかる様式です。


インテリア



LINK

明治村
安建クラブ結成
ドライウォール工法

Instagram



ページトップへ